今度は、恐竜の足を持つニワトリが誕生!



つい先日、恐竜の頭を持つニワトリのニュースを伝えたばかりだが、今度は、恐竜の足を持つニワトリの話題が飛び込んできた。
スポンサーサイト

ディノチキン誕生だと?!

28982A6300000578-0-image-a-112_1431449297998.jpg

恐竜の顔を持つニワトリの繁殖に成功だと? 米エール大学が驚きの発表をした。これで、ジュラシックワールドが現実になるのか?

シベリアで発見! 謎の古代生物?



シベリアの漁師が、川のど真ん中で、古代の水生爬虫類の化石を発見した。まるで、ワニの口のようなものが川底から突き出ていたのだ!

恐竜は、暗黒物質により絶滅した?

無題-1

6600万年前、恐竜を絶滅に追いやった原因は、暗黒物質だったという説が注目を集めている。

恐竜がデカかったのは、関節のおかげ?



恐竜が、あれほど巨大になれたのは、特殊な関節の構造にあったという説が発表された。恐竜の関節は、陸上の哺乳類の関節と比べ、もっとソフトで弾力性に富んでいたらしい。

象サイズの巨大ウォンバット発見!



250万年前の巨大ウォンバット・ディプロトドンの化石が、オーストラリアのノーザンテリトリーで見つかった。一見したところ、何の変哲もない典型的なウォンバットの化石らしいが、その大きさだけは桁違いだという。

テーマ: サイエンス - ジャンル: ニュース

古代魚の新しい真実!



長い間、化石種として知られていたシーラカンスが、生きたまま発見されたのは1938年のことである。発見から70年以上たった今、意外なシーラカンスの真実が明らかになった。

恐竜を悩ませたノミ



夜な夜な恐竜の柔らかい下腹部に忍び寄り、針を突き刺して血を吸っていた、巨大なノミのような昆虫が発見された。おそらく、この種の昆虫では最古のものだという。

世界最古の生きた生物



世界最古の生きた生物が発見された。ノルウェーの湖に住む藻を食べる微生物を、20年にわたり観測した結果だ。

恐竜の卵 ゴロゴロ発見!

ロシアの地質学者が恐竜の卵を大量に発見した。現在までに発見された卵の数は40個で、周辺にはさらに多くの卵が埋もれているという。

article-2131312-12A35BC6000005DC-748_634x477.jpg