FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネアンデルタール人とデニソワ人のハイブリッドが存在した! 人類進化は、混迷の極みへ!!

Neanderthal-and-Denisovan.jpg

ネアンデルタール人とデニソワ人のハイブリッドの存在が確認された。最近、現生人類の進化の過程が予想よりはるかに複雑だったことがわかってきた。従来、アフリカ単一起源説では、現生人類が異種人類と交配したことはないとされてきた。しかし、これが間違いである新事実が次々と明している。今回の発見で、更に人類進化の過程が複雑になることは間違いない。

スポンサーサイト

エイリアンDNA発見-人類は宇宙人が作った?



ヒトのDNAの中に、祖先から受け継がれたものでない異質なエイリアンDNAが発見された。ついに、異星人が関与した証拠が見つかったのか! だが残念ながら、そのDNAは、過去の環境中に存在した微生物からもたらされたいう。

ヒトは海辺で進化した!



「水生類人猿説」という言葉を聞いたことがあるだろうか? ヒトは、木から降りたサルから進化したのではなく、水辺に適応したサルから進化したという仮説である。決して新しい仮説ではなく、今から50年以上も前に提唱されていた説である。今まで異端視されてきたこの仮説が最近、にわかに注目を集め出した。

ピルトダウン人ねつ造の犯人判明!


ピルトダウン人は、今からちょうど100年前の1912年12月にイギリス・イーストサセックス州のピルトダウンの埋葬穴から発見された。それから、およそ40年の間、一流の科学者たちに、類人猿と人間の間をつなぐ人類学上もっとも重要な化石だと信じられていた。

現代人はどこから来た?



遺伝子研究から、すべての解剖学的現代人は、アフリカの単一地域から世界に拡散したとする説に疑問が出てきた。

テーマ: サイエンス - ジャンル: ニュース

東南アジアで最古の解剖学的現代人発見



ラオス北部の山間部(アンナン山脈)で、東南アジア最古とみられる解剖学的現代人の化石が確認された。

テーマ: サイエンス - ジャンル: ニュース

チンパンジーと同じ食性を持った猿人



アウストラロピテクス・セディバとして分類されている、約200万年前の猿人の食性が判明した。新しい研究によると、セディバは現在のチンパンジーと同じで、木の葉や果物を食べていたらしい。しかし、現在まで確認されている他のすべてのヒトの祖先は、もっと柔らかい草などを食べる食性をもっていた。

テーマ: サイエンス - ジャンル: ニュース

ネアンデルタール人は芸術家だった?


ナショナル・ジオグラフィック・ジャパン Photograph courtesy Pedro Saura via Science/AAAS

ネアンデルタール人は、解剖学的現代人に比べ、抽象的なものの理解や芸術面など、精神面で劣っていた。よって、現代人との競争に敗れ絶滅した。これが、ネアンデルタール人の絶滅を説明する有力な説だった。しかし、この定説が完全に覆されるかもしれない。

テーマ: サイエンス - ジャンル: ニュース

ソロモン諸島にブロンドヘアーが多い理由が判明!



ソロモン諸島の先住民の多くは、黒い肌に黒い髪を持っている。しかし、約10人に一人の割合で、見事な金髪が見られる。彼らのブロンドヘアーは、どのように受け継がれてきたのだろうか?

火の使用 100万年前から!

人類による火の使用が、従来の考えより30万年近くさかのぼる約100万年前からだった事が判明した。

新規-1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。