スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダーバードの基地は日本にあった!



サンダーバード国際レスキュー隊の秘密の発信基地といえば、南海の孤島トレーシーアイランドである。そのトレーシーアイランドにそっくりの島が日本にあると話題になっている。しかも、その島は首都東京にあった。

スポンサーサイト

大阪人的なハムスターが見つかった!

550.jpg

どう考えても、前世は大阪人だったとしか考えられないハムスターが見つかった。しかも、こてこての大阪人でも舌を巻くほどの演技力だ! YouTubeにアップされた動画を、とくとご覧あれ!

驚異の太陽活動映像



NASAの太陽観測探査機Solar Dynamics Observatoryが、太陽の表面活動を詳細にとらえた映像が公開された。ビデオでは、2011年の9月25日の24時間の活動をとらえている。そのダイナミックに活動する見事な映像は、まさに圧巻だ!

人魚は実在する?



人魚といえば、大航海時代の冒険物語には欠かせない存在だ。現在では、大航海時代の船乗りたちは、ジュゴンやマナティーなどの大型の海生哺乳類を人魚と見間違えたとされている。だが、アニマルプラネットのCharlie FoleyがFoxニュースに語ったところによると、人魚は実際に実在するかもしれないらしい。

オックスフォード大学が本気で雪男探査に乗り出した!



ヒマラヤのイエティー、北米のビッグフット、サスクヮッチなど世界中でいわゆる雪男の目撃報告が相次いでいる。近年、その目撃例は増えるばかりだ。しかし、いまだその存在を証明したものはいない。彼らの存在を証明するために、オックスフォード大学が動き出した。

SpaceX ついに打ち上げ成功!



何度も打上げが延期になっていた、アメリカ発の民間宇宙船SpaceX社のドラゴン物資輸送カプセルを搭載したファルコン9ロケットが、ついに打ち上げに成功した。19日にも打上げが予定されていたが、エンジン系統のトラブルのため僅か0.5秒前に打上げが中止されていた。

東京で金環食観測

東京で金環食が観測された! 大都市のど真ん中で、宇宙の神秘を目の当たりにする機会などそうはない。残念ながら晴天とはいかず、多少雲が多めでの観測だったが、十分に楽しめたはずだ! …何? 起きれなかった。
そういう方のために、金環食を、ついに開業を迎えたスカイツリーとともにどうぞ!


ソロモン諸島にブロンドヘアーが多い理由が判明!



ソロモン諸島の先住民の多くは、黒い肌に黒い髪を持っている。しかし、約10人に一人の割合で、見事な金髪が見られる。彼らのブロンドヘアーは、どのように受け継がれてきたのだろうか?

自然の脅威 東京都調布市で猛烈な雹



5月18日 正午過ぎ、東京都調布市に雷鳴とともに猛烈な雹が降り始めた。動画あり。

NASAからリークした最新UFO映像

NASAからリークしたとされる最新UFO映像が、U-Tubeで注目されている。9日前の5月6日にアップされ、すでに8000人以上が閲覧している。



米軍の極秘航空機が激写される!?

アリゾナ州のグルームレイクで、不思議な形状のUFOがビデオに収められた。グルームレイク空軍基地は、ご存じエリア51の名称で、UFO多発地帯として知られている場所である。



ウイルスに電気を作らせた!

120513144619-large.jpg

米国ローレンス・バークレー国立研究所の科学者が、無害のウイルスを使い、力学的エネルギーを、電気エネルギーに変換する方法を開発した。

太陽系(圏)の端の謎



ついにNASAの探査機が、太陽系(圏)の端からの情報を入手した。NASAの探査機が垣間見た太陽系の端は、これまで科学者たちが考えてきたものと、まったく異なっていた。

マヤ暦に「人類滅亡」は無し!?

多くのサイトで、新しく発見されたマヤ暦に絶滅の記述はなかった! という話題がとりあげられている。しかし、そもそもこの記述はおかしい。なぜなら、今までのマヤ暦にも人類絶滅の記述などないからだ。人類絶滅の深層に迫っていこう!

120510141953-large.jpg

快挙! 初の実用的な人工葉が完成



ご存じのように植物は、太陽光と水から光合成をおこないエネルギーを生産している。これを人工的に行おうとするものが人工葉である。ACS journal Accounts of Chemical Researchに新しく発表されたディバイスは、これまでのものと異なり高価な材料は使用されてなく、安価に大量生産できるという。

超巨大黒点が太陽に出現!



強力な太陽嵐を起こしかねない、とてつもなく大きな黒点が太陽に出現した。規模の大きなコロナ質量放出が地球を直撃すれば、人工衛星は破壊され、大規模な停電を世界規模で起こしかねない。

息子の亀 47年ぶりに現る!



1956年、当時13歳だったJeff Cokeleyは、自宅の裏庭で一匹の亀を見つけた。東部ハコガメ(eastern box turtle)と呼ばれる北米原産の陸亀で、Jeffはその亀の甲羅に自分のイニシャルを刻みつけ、逃がしたそうだ。

古代魚の新しい真実!



長い間、化石種として知られていたシーラカンスが、生きたまま発見されたのは1938年のことである。発見から70年以上たった今、意外なシーラカンスの真実が明らかになった。

恐竜を悩ませたノミ



夜な夜な恐竜の柔らかい下腹部に忍び寄り、針を突き刺して血を吸っていた、巨大なノミのような昆虫が発見された。おそらく、この種の昆虫では最古のものだという。

で、でかすぎる!



Tasmanian giant crabのクロード君です。でかいです。彼をとっ捕まえた漁師が、British水族館に£3,000で売ることになり、死の淵から救われました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。