スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツで昼間目撃されたUFO



ドイツ・ロイトリンゲンのAchalm山の頂上付近で、白昼に鮮明なUFOが多数の人々に目撃され、複数のビデオに収められた。UFOが目撃されたのは2012年8月18日だという。

スポンサーサイト

テーマ: 海外ニュース - ジャンル: ニュース

現代人はどこから来た?



遺伝子研究から、すべての解剖学的現代人は、アフリカの単一地域から世界に拡散したとする説に疑問が出てきた。

テーマ: サイエンス - ジャンル: ニュース

スローフード



英グラスゴー空港の入国管理で、旅行者が大事な夕食を没収され悲観に暮れているようだ。没収されたのは、36匹の巨大なアフリカマイマイ(giant African land snails)の一種。世界最大の陸生貝、つまりカタツムリとして知られている。

象サイズの巨大ウォンバット発見!



250万年前の巨大ウォンバット・ディプロトドンの化石が、オーストラリアのノーザンテリトリーで見つかった。一見したところ、何の変哲もない典型的なウォンバットの化石らしいが、その大きさだけは桁違いだという。

テーマ: サイエンス - ジャンル: ニュース

バルト海のUFO状の構造物は、ナチス起源か?



バルト海の底に横たわる不思議な構造物、調査が進むたびに謎が深まっている。いまだ決着には至っていないが、最近ナチスドイツ起源説が有力視され始めている。

テーマ: 海外ニュース - ジャンル: ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。