スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアに隕石落下で負傷多数!

49406.gif

現地時間、2月15日の午前9時22分、ロシアのウラル地方に大きな隕石が落下した模様。大きな爆発とともに燃え盛る多数の破片がチェリャビンスクの町に降り注いだ。多数の負傷者が出るとともに、爆発の直後から、携帯電話も使えなくなったという。

当初、航空機の墜落かとも思われたが、科学者たちが隕石の落下であることをすぐに確認したという。目撃者によると、閃光とともに五回の爆発があったらしい。このことから、隕石本体は、地上に達することなく、大気中で爆発し、多数の破片が降り注いだと思われる。
爆発の起きた周辺では建物の窓が割れ、降り注いだ破片で建物、車や道路も被害を受けた。一つの破片は、チェリャビンスクの亜鉛工場を直撃し、建物の一部を破壊した。子供十人を含む百人余りの負傷者が病院に運ばれたらしいが、今のところ重症者や死者は確認されてないという。




日本時間、明日2月16日の未明には、小惑星が地球をかすめることが予想されている。NASAの軌道計算によると、この小惑星は静止衛星軌道の内側を通過するが、地球に落下する危険はないという。しかし、専門家の見解ではないが、この小惑星が同じ軌道上にいくつかの小天体を引き連れていることも考えられる。だとしたら、質量が軽い分、より強く地球に引き寄せられ、落下してきたのではないか? とりあえず、この小惑星が無事地球を通過していくまでは警戒が必要だろう。



情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。