スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア航空370便はアメリカ軍に撃ち落された?



毎週のように、いろいろな陰謀説が出てくるマレーシア航空370便の失踪だが、驚愕の新説が出てきて、ネット上で話題になっている。370便はアメリカ軍とタイ軍の合同軍事訓練中に、誤って撃ち落されたというのだ!!

この新説は、本にして出版されるということで、370便の犠牲者の遺族の間では非難が広がっている。確かに不謹慎なような気もするが、内容は衝撃的なものだ。マレーシア航空370便は、アメリカ軍とタイ軍による合同軍事訓練中に、とんでもないミスにより誤って撃ち落されたという。370便の捜索は、この事実を隠ぺいするための茶番劇だったのだ。

article-2630400-1C77ACE900000578-751_634x429.jpg

各国の捜索は、故意に出された偽の情報に基づき行われていたことになる。これでは見つかるはずもない。公式にはオーストラリア沖の南インド洋で、墜落したとされているが、ただの一片の破片も発見されていないのだ。

また、航空機の追跡ソフトをフライトあたりたった10ドルのコストでアップグレードさえしていれば、航空機の位置が明確に特定できていたことも、意図的な隠ぺいを疑わせるという。

スマホでさえ、簡単に位置情報を割り出せる現代において、航空機の位置情報が得られないはずはないのだ。370便は、インマルサット衛星に信号を送っていたことが確認されているが、位置情報は含まれていなかったとされる。

確かに、370便の失踪には、大きな陰謀が隠されていることは間違いないだろう。そもそも当初大きくクローズアップされた、モルディブでの目撃情報やアメリカ軍の基地があるディエゴガルシア島からの信号の傍受などの情報も立ち消えとなり、意図的に隠されている印象も受ける。

アメリカ人の10人に一人は、370便の失踪にエイリアンがかかわっていると考えているようだが、表に公開されていない情報があることだけは間違いないだろう。


article-2630400-1DE84D0300000578-94_308x438.jpg

情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.07.18 (Fri) | # | | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。