スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山噴火で日本が100年以内に壊滅するだって?



巨大火山の噴火で、100年以内に日本の人口の95%が死に絶える可能性があるという研究が発表されたらしい。この研究発表は、神戸大学の研究グループによるという。

だが安心を、その可能性は、わずか1%ぐらいらしい。しかし、阪神淡路大震災の起きる確率も大体同じだったことを考えると安心はできないという。

ニュースソースによると、その火山とは九州の南の島の下に眠っていて、過去12万年の間に7回噴火を起こしているという。恐らく鬼界カルデラのことを指すと思われる。

このカルデラの下には、巨大なマグマだまりが存在することが知られている。7,300年前の縄文時代の初期にも大爆発を起こしている。この爆発で、当時最大規模を誇っていた、南九州の独自な縄文文化は、完全に途絶えている。予測が当たらないことを祈りたい。




情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。