スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイリアンDNA発見-人類は宇宙人が作った?



ヒトのDNAの中に、祖先から受け継がれたものでない異質なエイリアンDNAが発見された。ついに、異星人が関与した証拠が見つかったのか! だが残念ながら、そのDNAは、過去の環境中に存在した微生物からもたらされたいう。

この発見は、進化が祖先から受け継がれる遺伝子だけで起こるのではないこと示している。同環境に存在する異種生物の遺伝情報が水平に伝達されることがあるのだ。今回初めて、このような遺伝子の水平移動が、数多く起こっていることが証明されたのだ。

遺伝子の水平移動は、単細胞生物などでは頻繁に起こり、進化に重要な役割をしてきたことは、すでにわかっていた。だが、人間のような高等生物でも同じように重要な働きをしているかどうかは、議論の分かれるところだった。

ヒトに関しては、17の遺伝子が水平移動によってもたらされたことがわかっていたが、今回の研究で新たに128の遺伝子が加わった。これらの遺伝子のいくつかは、脂質の代謝に関係し、脂肪酸や糖脂質の分解を促進している。そのほか免疫システムに関係する、炎症反応、免疫細胞の信号伝達、抗菌作用など、さらにはアミノ酸代謝、たんぱく質の修飾、抗酸化作用など、多様な遺伝子が見つかった。

すべての生物で、細菌、原生生物、その他の微生物、さらにはウイルスなどからの遺伝子の水平移動が頻繁に行われているという。一部の遺伝子は、キノコやカビなどを含む菌類からももたらされている。
宇宙人が意図的に組み込んだ遺伝子が発見される日も近いだろう!




情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。