スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNAで判明 ロシアの獣人ザナはヒトではなかった!

無題-1

19世紀ロシアのコーカサス地方で捕獲された獣人ザナは、解剖学的現代人ではなかったことが、DNAの研究により明らかになった。伝説の雪男は、存在したのだ。

獣人ザナは、19世紀にコーカサス地方の山中で、ワナに掛かっていたところを地元の商人により発見され捕獲されていた。獣人は女で、外見は人間そっくりで二足歩行もできたが、全身が赤茶けた毛でおおわれ、話すことはできなかった。

ザナと名付けられた獣人は、外見上はヒトとサルの中間的な特徴を持っていて、運動能力が桁違いに優れていたという。馬をも追い越す速さで走れたらしい。最終的に、人間によりしつけられたザナは、召使として買い取られ、その地方の村で働き、村民との間に少なくとも4人の子供を残している。


274787DC00000578-3025466-image-m-76_1428156988663.jpg

ロシアには、山中にアルマ(又はアルマスティ)と呼ばれる獣人が住むという伝説があり、コーカサスもアルマの生息地として有名な場所である。アルマは、ヒマラヤの雪男イエティの同類と考えられている。このためザナは人間ではなく、そのアルマではないかと考えられてきた。だがザナは、写真も残されておらず1890年に死んでいるので、これまで確認の手立てはなかった。

しかし、今回オックスフォード大学の科学者 ブライアン・サイクス教授がザナの複数の子孫のDNA調査から、ザナの出自を明らかにしたという。ザナはトルコから逃げてきた女奴隷だったという説もあったが、DNA調査の結果、この説は完全に否定された。


2747819A00000578-3025466-image-a-70_1428155985086.jpg

サイクス教授によると、ザナのDNAには、明らかにアフリカ人の特徴が含まれているが、現存するどのグループのDNAとも全く異なっているという。ザナの子孫は、恐らく10万年以上前にアフリカから出てきて、コーカサスに住み着いた現代人とは異なるグループらしい。つまり、ザナはイエティーやアルマのような、現代人とは異なる未知の人類の近縁種に属しているというのだ。

サイクス教授は、イエティの研究も行っていて、イエティーの毛とされていた遺物からDNAを取り出すことにも成功している。それによると、イエティーと思われていたものには、未知の古代ホッキョクグマのDNAが含まれていたという。しかし、今回は本当に未知のヒト科動物の存在を確認したわけだ。

今回の研究は、古い遺物ではなく、生存する6人の子孫とザナの息子の遺骸の歯から抽出したDNAによる研究なので、精度は高いと思われる。やはり、アルマの伝説は真実で、コーカサスの山中には、伝説の雪男が住み着いていたのだ!




情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

初コメ失礼します♪

最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
ハンニバル43さんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(*ロ′∀`b)

だからもっとお話させてもらえたらなってσ(^○^)
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

ハンニバル43さんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってますヽ(*’-^*)。

2015.04.21 (Tue) | bordeaux #- | URL | 編集

既に確実なETの存在証拠とザナの子孫について

はじめまして。 グーグルの画像検索でこちらに辿りつきました。

もしかすると関心を持たれるだろう情報がありますので、お伝えしておきます。

このURL欄にもウチのサイトの目次ページを入れておきましたが、火星キュリオシティの例の6枚組UFO写真の背景に写ってる10分間も火星表面に対して位置が変わらないままの星のような光点は、恐らくETの建設になる静止軌道衛星ネットワークと思われます。
この写真の棒状光体をフォボスの長時間露光軌跡と見做したがる天文写真マニアが多いようなのです。
が、国立天文台のMITAKAシミュレーターで解析してもらった処、その撮影時にフォボスはその位置におらず、まだ仰角 56.9 度の高みに居り、1時間半も経たなければ写真の位置には達しなかったと判りましたので、フォボスではなく巨大なUFOに間違いありません。軌道エレベーターである可能性があります。
詳しくはこちらに。

http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_007.htm

もうひとつ、かぐや の取ったモスクワの海の精細画像がグーグルムーンで公開されてますが、詳しくチェックして見ました処、凡そ数千ヶ所の光り輝く異常な構造物や光体・光点を見つけました。
スクリーンショットでそれらを253枚の画像に纏め、スライド仕立てにして昨年、公開しました。
詳しい説明がこちらにあります。

http://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-12053583646.html

画像集は以下です。

http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/images/Alien_MoonBase_Catalog/SlideVewerV/images/slider/000s.htm

ザナの子孫が先日、TBS「水トク! 世界がビビる夜」に出演してました。以下はそれを見ての当方のメモからの丸ごとコピーです。( 参考までに )

ラジオン・コジャヤ氏 ( アブハジア共和国在住のイエティの混血子孫 69歳 )
1850年代に捕らえられたイエティの女性ザナと人間男性との混血児…の5代目の子孫。

最早イエティの遺伝子は 1/16 でしかない筈だが、それでも69歳にして身長178センチ、足のサイズ29センチ。
そして何処となくイエティの子孫らしい面影があり、顎の骨のレントゲン検査結果で、普通の人間では有りえない下顎の巨大さと、完全に機能してる親知らず歯4本を持つ事が判った。

更に若い頃の氏は、両肩に150リットルずつ計300kgものワイン樽を担いで1kmもの距離を運べた…とのこと。
 [ それで、これは普通の人間成人男子の体力で出来る事ではないだろう …とか思い込んでいたのだが、昔の山形など東北の女性 ( それもお婆ちゃんたちが ) 60kgもの米俵を平気で5つ、つまりコジャヤ氏と同じく300kgを背中に負って普通に行商してた…という証拠の旧いモノクロ写真に出合ってしまった。 江戸時代に書かれた古い説明書によると、そうした米俵の大きさは「成人男女なら誰でもが肩にひょいと担いで何処にでも運んでゆける」手頃な大きさだから…とのことで、自動車の使えなかった少し昔の人々の体力は、元々が現代人の想像を遥かに越えるものだったらしく、この事実だけを以てしては「だからコジャヤ氏がイエティの子孫」…という十分な証拠にはならないと判った。 ]

尚、イエティの女性ザナは、身長2メートル以上、全身に毛が生えていてとても力が強かった、…と、コジャヤ氏はその祖母シュシャ ( ザナの孫 ) から聞き及んでいる。

以上は、「ザナの子孫ラジオン・コジャヤ氏が、1995年頃にアブカジア共和国 ( 首都スフミの南々々東18km ) のドランダ市に居住してた」…という、同共和国に住む情報提供者ブガンバ・アナトーリ氏からの情報だけを頼りに、イエティ協会の会長イゴーリ氏がドランダ市などを実際に訪ね、結果的にイエティの子孫を探し出す事に成功し、本人の同意を得てロシアの国境町アドレルにまで連れ出して、TBS「水トク! 世界がビビる夜」の番組レポーター中野明慶とコジャヤ氏が実際に対面 …という、まさしく驚異的な顛末 …の簡単な抜き書きだが、この番組は本当に素晴らしい結末に辿り着いた。 天晴れ! 快哉を叫ぼう。

こうした超常的な内容に対して、TBSは本当に何時でも大真面目に、全く茶化す事無く、丁寧に取材を進めて番組を作って呉れてるので、大変に有り難く、またその姿勢は尊敬に値する。

以上です。

お時間がありましたら、当方のサイトにも是非ご来訪下さい。

2016.01.11 (Mon) | うつぎれい #WevMC4jw | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。