スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディノチキン誕生だと?!

28982A6300000578-0-image-a-112_1431449297998.jpg

恐竜の顔を持つニワトリの繁殖に成功だと? 米エール大学が驚きの発表をした。これで、ジュラシックワールドが現実になるのか?

エール大学によれば、ニワトリの胚を使い実験室レベルで、ニワトリの顔を恐竜に変えることに成功したという。成長過程のニワトリの遺伝子を変化させ、頭蓋の形成過程を変化させたらしい。

古生物学者の Bhart-Anjan S. Bhullar博士と生物学者のArhat Abzhanov博士によると、実験の結果、ニワトリのくちばしが変形し、鼻先が突き出し、上あごを持つ顔(中央のCT画像)が形成されたそうだ。その顔は、小型の肉食恐竜であるヴェラキラプターや始祖鳥にそっくりであるという。


28982A6800000578-0-image-a-106_1431449254802.jpg

今から6500万年以上前の恐竜時代に、くちばしが解剖学的に変化し現在の鳥にみられる、尖ったピンセットのようなくちばしになった。しかし、この変化が持つ、進化的、発生学的な意味はよく分かっていない。

Bhullar博士らのチームは、特定の遺伝子発現を作り出す、遺伝物質を得るため、アリゲーターなど多くの動物からDNAを抽出した。また、ニワトリの胚を変化させるため、特定のタンパク質を阻害する、分子抑制剤を使用した。


28982A5F00000578-0-image-a-108_1431449266497.jpg

結果、くちばしは恐竜のような鼻先へと逆戻りし、上あごが先祖返りしたという。ただしこれは予想された結果ではなかったようだ。結果的にDNAを直接変化させることはしなかったが、特定のタンパク質の生産を阻害することで、このような結果が得られた。

胚が大きく育ち、恐竜の顔を持つニワトリになることも可能だったが、倫理上の理由から育てることなく、安楽死させたようだ。
残念なことに、実験は純粋に進化の過程を探る科学的なもので、恐竜を作りだして、見世物にする気はないようだ。


情報ソース

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。