スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天王星でもオーロラ出現

最近、太陽の活動が比較的活発で、地球上でも美しいオーロラの出現が相次いでいるが、軌道上を回るハッブル宇宙望遠鏡が、初めて天王星のオーロラの撮影に成功した。

aurora-spotted-on-uranus_51516_big.jpg
Image courtesy Laurent Lamy

天王星は、太陽系7番目の惑星で、大きさは木星、土星に次いで三番目の巨大氷水惑星である。天王星型惑星とも呼ばれ、氷と、水素、ヘリウム、メタンなどの多様なガス成分で構成されている。木星、土星同様に立派な輪を持っていが、太陽系のほかの惑星と違い、自転軸が公転面に対しほぼ横倒しの状態であることが特徴的な惑星である。

この天王星にオーロラが発生していることは、1986年に接近したNASAの探査機ボイジャー2号により発見されていた。しかし、これまで幾度か地球軌道上からオーロラの観測を行ってきたが、成功したことはなかった。

今回観測に成功したのは、観測チームが太陽の活動周期に合わせ、太陽嵐が到着するタイミングを見計らい観測を行った成果らしい。今回の成功により、ハッブル宇宙望遠鏡が、天王星のオーロラを観測できることが証明された。天王星は謎だらけの天体なので、これからの観測にも期待が持てる。


オリジナルソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。