スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを狙っているのは本当に蚊ですか?



真夏の暑い夜、ベッドの周りを蚊がブンブンと飛び回り、なかなか寝付けない。しかし、蚊が狙っているのは、あなたの血だとは限らないかもしれない。あなたの個人情報が、蚊を通して筒抜けになっているかもしれないのだ!

近年、ドローンあるいはミニチュア・ドローンと呼ばれる小型の飛行物体が、次々と開発されていることはご存じかもしれない。しかし、指先に載るほどのマイクロ飛行偵察マシーンの開発が進んでいることはあまり知られていないだろう。

これらのマイクロ・マシーンの多くは、昆虫の動きを模したものである。写真にある蚊のようなマイクロ・マシーンも飛翔する虫をモデルにしている。このマイクロ・マシーンは、2008年にアメリカ空軍が公開した虫型の偵察マシーンだという。建物の中に密かに飛行して侵入し、写真や情報を集め、場合によっては攻撃も可能だという。

実際に、ここまで小さなマシーンが、動作可能なレベルにまで開発が進んでいるのかどうかは不明だが、口の部分にシリンジの様なものを備えているので、密かにターゲットに毒を盛ることも可能なのかもしれない。

2007年には反戦団体が、アメリカ政府により極秘開発された昆虫型スパイロボットの監視を受けていると、告発したことがある。アメリカ政府は、単なるトンボか何かの見間違いだと否定しているが、実際、超小型の飛行偵察マシーンが使用されている可能性は否定できないだろう。


情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 国防・軍事 - ジャンル: ニュース

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。