スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに伝説の雪男イエティー発見か!



ついにイエティー発見か! イエティーのものと考えられる毛髪のDNA検査の結果、人間に近い未知の哺乳類のものであることが確認された。この毛髪は、昨年の国際チームによるシベリアでのイエティー調査の時に採取されたものである。

article-2225276-02C15262000004B0-434_634x429.jpg

Russian State Hydrometeorological Instituteのヴァレンティン・サプノフ教授によると、10検体を調査した結果、毛髪は人間ではない哺乳類のものであることが確認されたという。しかも、その毛髪は地域周辺に棲むいかなる哺乳類のものとも異なっていた。

ロシアとアメリカの共同研究の結果、毛髪は現生人類のものではないが、サルよりも人間に近いことが分かった。三つの権威ある大学でのDNA検査の結果、その毛髪のすべての生物学的パラメターが、サルより現生人類に近いことが確認されたのだ。イエティーのDNAは、現生人類と1%以下しか違わないことがはっきりしたという。


article-2047528-0E51CCE100000578-302_634x505.jpg

2011年、伝説の雪男を調査する目的で、ロシアのケモロボ(Kemerovo)地域に点在する洞窟群に国際調査隊が派遣された。この際、洞窟の中でイエティーのものと考えられる毛髪が発見されていたのだ。
ロシア全土でイエティーの目撃例は絶えないが、存在の確たる証拠が得られたのは今回が初めてらしい。次はぜひとも、実物のイエティーを捕獲してほしいものである。しかし、サルより人間に近いとなると、捕獲には人道上、法律上の問題も出得来るかもしれない。


article-2225276-02C1528A000004B0-721_634x410.jpg

情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。