スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪男イエティー200頭がシベリアに生息か!



先日のヴァレンティン・サプノフ教授等による、イエティーの物と思われるDNA鑑定の結果が、世界中に衝撃を与えている。何しろ初めて科学的に確認された雪男存在の証拠となるからだ。だが、この発表の信憑性に疑問が出てきている。

サプノフ教授の新しい主張によるとイエティーは、シベリアのKemerovo, Khakassia, Altai 地域に200頭ぐらい生存しているという。ずいぶん少ないようだが、繁殖は可能な数字らしい。しかし、サプノフ教授自身はイエティーを目撃しているわけではない。彼らが、イエティーを目撃できないでいるのは、イエティーが危険に対して非常に敏感だからだという。

article-2225276-01B9EF8C00000578-474_306x409.jpg

しかし、サプノフ教授の主張とは裏腹に、彼に対する強力なクレームも出てきている。ロシア科学アカデミーのZoological Instituteのオレグ・プガチェフ氏によれば、サプノフ教授の主張は虚言であるというのだ。この研究機関は、サプノフ教授がDNAの鑑定を行った三つの機関の内の一つとされている。

サプノフ教授が、この研究機関にイエティーのものとされる毛髪のサンプルを持ち込んだことは事実らしい。しかし、毛髪には毛根が付いておらず、DNAの抽出はできなかったという。それにもかかわらず、サプノフ教授はDNA鑑定の結果が出たと発表しているというのだ。

結局、現段階では研究者がマスコミに対して発表したに過ぎない。査読を必要とする学術論文として正式に発行されない限り、サプノフ教授の発表を鵜呑みにすることはできないようだ。


情報ソース
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。